読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

texで図表を表示する.

メモ.

前準備

プリアセンブリに

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}

を追加.

記述

図表を表示したいところに

\ref{fig:opecode}に○○を示す.

\begin{figure}[tb]
\centering
\includegraphics[width=8cm]{sample.png}
\caption{\label{fig:opecode}○○}
\end{figure}

と書く.

もし表示したいのが表のときは\captionを\includegraphicsの上に持ってきて,\labelのfigをtableに変える.また,中央に表示したくない場合\centeringを外せばよい.

\refで図表番号を参照することができる.

.xbbファイルの生成

図表のソースがepsでないpngやjpegなどのラスターイメージの場合,画像のタテヨコの大きさをtexが知りたがるので.xbbファイルを用意する必要がある.
端末上で

% extractbb sample.png
# sample.xbbファイルが生成される.

コンパイル

\label,\refを使った場合,texファイルを2回コンパイルする必要があるので注意.

おわり

おわりー.